海外でも千差万別の特徴でF1観戦がより面白くなる!

開催国によって異なる特徴!ベルギーでも盛んなF1

海外でも千差万別の特徴でF1観戦がより面白くなる!

ヘルメット

F1グランプリは開催国によって特色が異なる

F1グランプリは開催国によってその顔が大きく違ってきます。コースの特徴の違い、コースの場所の違い(市街地にあるか山林にあるか)、サポートレース(メインのF1レースを盛り上げるための様々な工夫を凝らした前座のレース)や各イベントの違い(航空ショーやピットウォーク、サイン会など)、グルメなど千差万別です。それを楽しむのもF1グランプリ観戦のおもしろさと言えるでしょう。

F1グランプリでその国の文化や人々

F1グランプリは世界約20か国で開催され、その開催地によって様々な特色がありますが、その特色を形作っている大きな要素のひとつにその開催地の観客の特色があります。たとえば、日本のF1ファンの方は国やレーサーを区別することなく平等に応援するという特徴を持っています。日本以外では地元出身のドライバーは熱心に応援する一方、ライバルに対しては厳しいブーイングが浴びせられることも多いなど(これもひとつの応援スタイルです)開催国の文化や特徴が出ます。それを楽しむのもF1グランプリのおもしろさと言えるでしょう。

レース当日に持参する物

F1サーキット内の移動は勿論、開催地にもよりますが、徒歩が多いですので、歩きやすい靴や服装で行くのが
基本です。また、防寒対策のために長袖の上着、開催地により日差しが強かったり、天候の変化が激しかったりしますので、帽子やサングラス、日焼け止め、雨具なども持っておいた方が良いでしょう。勿論、観戦チケットや現金、時計などは必須です。

F1専用のツアー旅行と一般的なツアー旅行の違い

F1専用ツアーでは

F1専用ツアーではあらかじめF1観戦のためにツアーが組まれているため、スケジュールやホテル、航空券の手配などすべてツアー会社にお任せできます。

一般ツアーでは

一般ツアーでF1観戦をしようとすると、比較的フリータイムの多いツアーに参加し、F1観戦のためのスケジュールを自分で組む必要があり、特にベルギーなど海外のF1観戦ともなれば、慣れていない方には非常に複雑で面倒です。

広告募集中