ベルギーグランプリの魅力!日本のF1とは異なる要素

F1の醍醐味がここにある!熱狂のベルギーグランプリ

ベルギーグランプリの魅力!日本のF1とは異なる要素

フォーミュラカー

ベルギーグランプリの魅力

ベルギーグランプリとは、初開催は1925年という歴史のある名物レースです。その特徴は、過去何度かその危険性を指摘されてコース変更されたものの、ベルギーでは最も開催数の多い代表的なコース、スパ・フランコルシャンの難易度の高さから、レースもスリリングな展開になることが多く、観る人を魅惑し、興奮に導きます。過去何度も特筆すべき名レースを生み出しており、モナコグランプリと並んで、人気の高いF1グランプリの一つです。

スパ・フランコルシャンの特徴

F1ベルギーグランプリの代表的コースで、そのコースレイアウトや天候の変化に富む1周約7,000キロのロングコースが、ドライバーにハイレベルなチャレンジを要求する難コースであり、アルデンテの森を縫うように走る神秘性に満ちた魅惑のコースでもあります。その特徴は、有名なオー・ルージュをはじめ、高速コーナーが多く、たっぷりのスピード感と迫力が味わえ、また、スパ・ウェザーと呼ばれる短時間で頻繁に変わる天候により、スリリングなレース展開になることが多いことです。

ベルギーグランプリと日本グランプリの違い

コースレイアウトの違い

ベルギーグランプリは、高速コーナーが特徴ですが、日本グランプリが開催される鈴鹿サーキットは、8の字のレイアウトで、高速、中速、低速のコーナーがバランスよく配されたテクニカルなコースです。

レース展開も違います

勿論、一概には言えませんが、ベルギーグランプリはやはりスリリングな展開、日本グランプリはオーバーテイクチャンスが少ないと言われる鈴鹿サーキットの特徴から、そこをどうやってクリアするかのドライブテクニックが要求されるテクニカルな展開となることが多いです。

広告募集中